2016年3月26日

 

悠遊の森では、昨年2件の森のウェディングを執り行う機会をいただきましたが、今年も1件目となる結婚式が執り行われました。

「2人が生まれ育った地元 丹波 でアットホームな雰囲気で自分たちらしい手作りな式を挙げたい!」という想いがある中、ブログ記事を見てホントに近くでやってたので、「ココだ!」と選んでいただけたようです。

前2回は学習舎を利用しての挙式でしたが、今回は森GOHANでも使われるコテージ「エナガ」前の広場のスペースで。

気温は少し肌寒かったですが、お天気にも恵まれ、ものすごくいい雰囲気の中での挙式。

新郎ゆうすけさんと新婦あさみさんの入場です。

今回も人前式でしたが、プロの司会の方をお招きし、取り仕切っていただきスムーズに進行。

リングボーイ・ガールの子達も頑張ってくれましたね!

アットホームな雰囲気で進行していき、シャボン玉アーチの中、お二人の退場です。

ご親族中心のあたたかい挙式。

通常、ウェディングブーケを投げるところを、せっかくなので子供たちも参加できるものをと、地元の風習を取り入れて、なんと「餅まき」!

お菓子やお餅がおなじみの木の歩道橋の上から投げられ、みんなでワイワイと取っていました。

その後

集合して、記念撮影。

皆さんのあたたかいハートが集まりましたね!

 

ここからは、ベルピーマンでの披露宴に移ります。

お二人の入場です。

そして、

カンパイ!

今回のベルピーマンのウェディング用のコース料理は、ご親族向けに和を取り入れてほしいという、ご要望にお応えして、

皆さんで囲んで取り分けられるように、高知のお祝いごとでは必ず出てくるという郷土料理「皿鉢(さわち)料理」スタイルで。

親族の自己紹介や、お二人の軌跡をまとめた動画、ご友人のミュージシャンのライブ、新郎新婦よりのサプライズ企画と、終始和やかな雰囲気で、スムーズに進みました。

そして、今回のデザートですが、ウェディングケーキではありません。

クロカンブッシュというシュークリームタワーです。

出てきた時点では生地にはクリームは詰まっていません。

クリームを職人さんが心を込めて詰めていって、一つずつ新郎新婦から心を込めて、皆さんに手渡されました。

このクロカンブッシュを作ってくださったのが、新郎の先輩にもあたる柏原の和菓子屋「明正堂」の吉竹仁人さん。

和菓子だけでなく、このような洋菓子も。

中のクリームには丹波栗が使われており、皆さんからおいしいと歓声が上がっていました。

 

そして、最後はお母様へのお手紙・・・。

新婦あさみさんの想いが皆さんの涙を誘います。

終始和やかですごくいい雰囲気の挙式・披露宴でした。

 

そして、夕方からは、ご友人を招いての2次会。

こちらのお料理はみんなでワイワイとできるように、洋風のビュッフェスタイルで。

カンパイ!

 

その後、ウェディングケーキはいらないということで、予定に入っていなかったのですが、お二人にベルピーマンよりサプライズ!

森のウェディングケーキを用意させていただきました。

ケーキカットして、

あ~ん!

サプライズ大成功でした!

 

その後も、

余興のゲームやライブでも盛り上がって、

楽しい2次会だったようです。

 

最後はコテージで3次会。

そちらも夜中までかなり盛り上がったそうです。

 

こんな素敵な結婚式をお手伝いさせていただけて、本当に良かったです。

ホントにありがとうございました!

 

今回のクロカンブッシュを提供してくださった「明正堂」さんのリンクはこちら↓↓↓
http://meiseidou.net/