2015年9月18日

 

こんにちは!森の管理人 花田です。

雨がたくさん降った9月の初旬・・・悠遊の森にも秋がやってきました。

たくさんのキノコたちが地面や木の切り株から顔を出しています。

可愛いキノコから毒々しいキノコまで。

その中でも、ひときわ目立ったキノコがありました。

そのキノコが

こちら↓

このキノコすごく可愛くないですか?

これは「タマゴタケ」というキノコです。

なぜタマゴダケというかというと

元々↓

コレなのです。

卵の殻みたいですね!

なんとこの殻のようなものを破ってキノコが出てきます。

キノコを採ってみました。

殻を破った感じがお分かりでしょう?

森の管理人といえども、キノコ初心者の私・・・。

調べてみるとなんと!

「食べられる」と書いてあるではありませんか!!

森にいるものとして、自分で採取したキノコを食してみたい・・・。

・・・ついにチャレンジを決心しました。

似ている毒性のキノコもあるので、かなり調べましたが・・・。

 

しかし、食べられるとはいえキノコ一本だけだとさみしいなと思っていました。

翌日、生えていたポイントの少し奥を覗いてみると・・・

三本もありました!!

ということで、

クックパッド先生に聞いてみた結果・・・

タマゴタケのカルボナーラ

タマゴタケのホイル焼き

を作ってみました。

気になるお味は・・・

まずくもなく、うまくもなく・・・普通・・・。

という結果となりました。

アクがあるのか少しエグさがありましたね・・・。

 

「皆さんもチャレンジしてみてください!」とは私からは言えません。

なぜなら、ほんとに命に係わる毒キノコである場合があります。

例えば、上にあげたこの赤いキノコ

おそらく「ベニナギナタケ」という食べられるキノコなのですが、見た目がそっくりな「カエンタケ」という、触れるだけで、皮膚がただれる猛毒のキノコもあります。

発見はしましたが、僕はチャレンジしませんでした・・・。

食べたいと思っても、疑わしきは近づかず、自己責任となりますので、ちゃんと確認してからにしましょう。