2014年12月13日

 

2014年9月に作成したツリーハウス「いろは」

立命館大学の建築サークルの大学生達が中心となって関わり、一旦、ツリーハウスとしての完成を迎えました。

しかし、本当の完成はまだでして、第二期の工事をする予定で話は進んでおりました。

10850547_693886787375720_1301222714_n

 

 

 

 

 

 

今回、その第一回のミーティング。

第二期の工事としてお願いしているのが、階段と屋根の取り付け。

ツリーハウスに上る際、現在は簡易で用意した梯子を使って上ってもらっています。

もっと上に上がりやすくするためには階段が必要だということでの階段の取り付け。

木でできている床を傷みにくくするには、雨から守らないといけないということで、屋根の取り付け。

この二つの工事が必要だとのことで、今回のミーティングではそのデザイン案を発表してもらい、どういったものにするかの方向性を決定。

階段と屋根、それぞれ2種類ずつの案を持ってきてくれ、その中から、選ぶようにプレゼンをしてもらったのですが、どの案も大変面白く、甲乙つけがたかったのですが、階段は

安全面と耐久性から、こちら

10416657_1517522251866898_3529272567644385002_n

 

 

 

 

 

 

屋根はデザイン性と機能面からこちら

10858631_1517522165200240_3540097411760229523_n

 

 

 

 

 

 

を選びました。

実際の取り付けたイメージをしたら、わくわくしますね!

 

しかし、他の二つもかなり面白い案となっており、ツリーハウス本体に取り付けはできなくてもツリーハウスの区画や他の場所でも作れるよう考えてみないかと提案しておきました。また、新たな面白い案に落とし込んでくれることでしょう(笑)

10385558_1517522255200231_903675333469524_n

 

 

 

 

 

 

 

10599649_1517522168533573_6519153546860442217_n

 

 

 

 

 

どうやら、このミーティングの後「(丹波地域)大学連携フォーラム」という他大学を交えたフォーラムでも活動の発表があるとのこと。

ご縁あって、悠遊の森に関わってくれた大学生達が、悠遊の森を使ってできたものを全国に発信してくれる。そんなフィールドとして悠遊の森を使ってもらえることを光栄に思います。

合宿は2015年3月22日~3月28日の予定。

3月27日にはたくさんの人を連れてきて、お披露目会をしてくれるとのこと。

今から完成が楽しみで仕方ありませんね!