2016年10月21日

 

先日、コテージを貸し切って、新郎 晃士朗さん、新婦 さんのWedding Camp Partyが執り行われました。

なんと新郎 晃士朗さんは当施設で毎年四月に開催される「そば街道と手仕事展とα祭り」の手仕事展を

取り仕切ってくださっている「Wood Top」乾さんの息子さんです。

 

「いつもお父さんにお世話になっています。」という挨拶からの打ち合わせ。

自然の中で、結婚式をしたいとのご希望で、全て自分たちの手作りで結婚式をということのご要望でした。

 

今までも、様々な形の結婚式が執り行われましたが、今回は挙式を森の中で、パーティーをコテージエナガ棟の

前での開催。

森にいるのに森を使わないなんてもったいない!ということで・・・。

森が式場に大変身!

 

開始前にちょこっとのぞくと、びっくりするぐらい素敵な空間が出来上がっていました!

受付

披露パーティー会場

ドリンクカウンター

 

そして、いよいよ挙式

人前式で終始和やかな雰囲気で進行されました。

皆さんの集合写真です。

 

挙式が終わって、夕方より披露パーティーの開始です。

10月も後半ともなるとさすがに肌寒かったのですが、温かい灯りの下パーティーが始まります。

すごくいい雰囲気ですね!

お食事はビュッフェ形式で。

 

乾杯の際、晃士朗さんが、

「ビュッフェスタイルですが、我先にと欲張って、むさぼらず、

みんなと一緒に分かちあっていい時間を共有しましょう。」

という内容のご挨拶をされていたのが印象的でした。

 

その挨拶通り、皆さん譲り合い、幸せな時間を分かち合うような、すごくいい雰囲気の下進行していきました。

 

そして、この後もライブやヨーガ等のイベントもまじえながら、大いに盛り上がったようです!

会場のセッティングからお料理まで、全て手作りだった今回のWedding。

大変だったと思いますが、皆さん喜んでおられました。

悠遊の森に新たな幸せの1ページが加わったこと、光栄に思います。

ありがとうございました!

晃士朗さん、史さん末永くお幸せに!

 

それと、冒頭でも述べました今回の新郎 晃士朗さんのお父さんは木工作家さんをされております。

そして、「丹波ものころネットワーク」という丹波におけるクラフト職人さんを中心にした集まりで活動されています。

 

また、10/29(土)~11/13(日)まで、「丹波ものころネットワーク」さん主催のイベントも開催しているとのことです。

昨年に引き続き、第二回の開催となる「丹波の手仕事展×本上田邸」。

是非、皆さん足を運んでみてください。

 

丹波ものころネットワークHP・丹波の手仕事展×本上田邸イベント詳細ページ↓↓↓

http://monokoro.wixsite.com/monokoro